自重トレーニングは毎日おこなうと効果が上がる?それとも逆効果?

「自重トレーニングは毎日行っても大丈夫ですか?」っと質問があったのでこれについて、答えていきたいと思います。

「超回復」はご存知ですか?

超回復

スポンサードリンク

筋力トレーニングで刺激を与えると筋力はダウンします。
そこで、休養と栄養をとり、筋肉がトレーニングの疲労から回復すると筋力のピークは筋力トレーニング前よりも上がるんです。
そのタイミング(筋トレ後から48時間〜72時間)に合わせて次の筋トレをすることでより負荷で鍛えられるから、右肩上がりで筋力は上がり続けるんです。

超回復1
これが、「超回復」のモデルになります。
なので基本的には、筋力トレーニングを毎日行うということは、筋力が上がる前におこなってしまうと結果疲労を溜めるだけで逆効果になります。

では、自重トレーニングの場合どうなのか?なんですよね。

まず、結論からいうと、自重トレーニングに関しては毎日行ってもかまいません。

自重トレーニング

なぜかというと、自重トレーニングは負荷が低いからです。

そうなると、当然、筋肉の回復も早いわけで・・・もう次の日には回復してしまっているということです。

多分毎日おこなっていいのかどうか迷ってしまっている方は「超回復」の理論のせい?

で、自重トレーニングする時の頻度など迷われてしまうのではないかと思います。

ただ、「超回復」の理論の2~3日休ませるのがベストだと言われていますが、これはあくまでもウエイトトレーニングなど高負荷のトレーニングを行って筋肉痛を発せさせた時の話です。

筋トレ6

なので、負荷の低い自重トレーニングの場合は、ほとんど当てはまりません。

だからこそ、自重トレーニングの場合は、あまり間隔をあけすぎず、できるだけ毎日行うようにした方が効果がでる方もいます。

自重トレーニングの負荷の増やし方は

・回数やセットをこなす
・休憩時間のインターバルを短くする

これらをおこなって、カバーするといったイメージですね。
僕の経験からもそうですが、これらを行った場合筋肉の成長がはやくなります。

ただ、いくら自重トレーニングといえど、毎日やってはいけない場合もあります。
それは、筋肉痛が残っているケースですね。

これは、筋トレをやり始めた初心者によく多いのですが、今まで筋肉を動かしていなかったぶん、ちょっと筋トレをするだけで筋肉痛になってしまう場合があります。

筋肉痛というのは、効果的に筋肉に効いていて、「超回復」が筋肉の中で行われています。
なので、もし自重トレーニングでも筋肉痛になってしまった場合は、その部分のトレーニングを避け、超回復を促進するようにトレーニングの間隔をあけるようにしましょう。

まとめ

今回の記事のまとめは以下の通りです。

・自重トレーニングは毎日行ってOK

・筋肉痛になった場合は間隔を空ける

要するに、まずは筋肉痛が起きるか起きないかでにトレーニングするかしないかで見極めればよいということですかね。

なので、筋肉痛のときに筋トレをしても効果がありませんから、無駄な努力はできるだけ避け効果的に筋力をアップさせていきましょう。

今回は以上になります。

何かわからないことや、質問がありましたら是非コメントしていただければと思います。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です