むくみが原因の下半身太りの解消方法は塩抜き!?

下半身太りの原因は、大きく分けると2種類あります。

一つは、セルライトなどの脂肪だまり。
もう一つは、《むくみ》です。

今回は、むくみが原因の下半身太りの解消方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

むくみでの下半身太りの原因は?

むくみ1

むくむ原因は、足を動かさないことで、水分を回収する役目を果たすリンパや静脈の流れが悪くなり、重力がかかる下半身に水分がたまってしまうためです。

また、加えてむくみを加速させるのが「塩分の取りすぎ」。

身体には、体内の塩分濃度を一定に保つ働きがあります。

塩分の取りすぎで血中の塩分濃度が上がると濃度を下げるために水を取り込みます。

結果、細胞と細胞に間に「細胞間液」が増えてむくみます。塩分の多い外食やお惣菜などをよく利用する人は要注意になります。

むくみが原因の下半身太りの解消方法

むくみ

では、むくむ原因の下半身太りを解消する方法を紹介していきますね。

週末塩分抜きダイエット

塩抜き

その名の通り週末だけ塩分を抜くことを行う方法です。これを提唱している方は、野菜研究家の庄司いずみさんです

なんと週末の1日の塩抜きで1kg、2日の塩抜きで2kg体重が減りむくみが解消した人もいるそうですよ!!

週末塩分抜きの主なルールは2つ。

①塩分が入った調味料をつかわない。

食塩、醤油、味噌など塩分を含む調味料は使わず、酢、コショウ、柑橘類レモンなど、無塩の調味料で味を出しましょう。

また、ハムやソーセージ、ちくわなどの加工食品も食塩を含んでいるので避けましょう。

NGな調味料
塩、醤油、味噌、ソース、ドレッシングなど

OKなもの
酢、コショウ、レモン

②「カリウム」が多い野菜で塩分を排出する

野菜、海藻、果物などに含まれるカリウムには体内の過剰な塩分を排出してくれる働きがあります。

海藻に豊富な水溶性食物繊維にも同様の働きがあります。

カリウムを多く含む野菜

アボガド、サツマイモ、マイタケ、ホウレン草、エリンギ、里芋、西洋かぼちゃ
カブ、レンコン、ニンジン、にんにく、セロリ、しいたけ
小松菜、ブロッコリー、オクラ、リーフレタス、大根

フルーツ

キウイフルーツ、バナナ、オレンジ、

上記のもの、カロリーが低いものになりたっぷり食べても安心です。

調理例

カリウムたっぷりスムージードリンク

食塩無添加トマトジュース

ホウレン草・キウイ・りんごのスムージードリンク

ご飯が食べたければ、丸ごとサツマイモをいれた、ご飯がお勧め!!

サツマイモの甘みやカリウムも摂取でき一石二鳥ですよ!!

スープは昆布だしのポトフですね。

昆布でだしをとることで少々塩っけをだすこともできます。カブやニンジンなど入れるとなお良し!!

下半身太りの原因むくみ解消をする漢方や市販薬

漢方

下半身太りのむくみをしっかりとに解消する方法としては、漢方や市販薬を使用することを考えてもいいと思います。しかもタイプ別に使い分けができるというメリットがあります。

水分を溜め込みすぎてむくんでいる方にお勧めする漢方は

後苓散です。

漢方の有効成分が、体内の水分バランスを整えてくれて、むくみの原因となる余分な水分の排出を促してくれる効果があるんです。

また、漢方には向き不向き選びがあるのでお店など薬剤師の方に相談してみるといいでしょう。

市販薬のおすすめは

こちらの商品は、サプリメントとして販売されているものですが、赤ブドウ葉エキスがおすすめなんです。

中でもタンテュリエという種のエキスは、日本で「足のむくみ」を改善させる医薬品成分として認められているんです。

赤ブドウ葉に含まれるフラボノイドなどの抗炎症作用で血管内皮細胞の隙間ができにくくなり、血管外への水分の染み出しを防ぎ、むくみが改善されるというメカニズムなんです。

いかがでしたか?むくみを改善していくことをすることで下半身太りが解消されますので少しづつですが頑張って行っていきましょう。

今回は、以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です