筋肉トレーニング用シューズのおすすめの選び方はこれ!自分に合ったシューズ選びましょう

ジムでトレーニングするシューズ、ランニングで履くシューズあなたは何を基準にして選んでいますか?

・デザイン性重視

・機能性重視

・履き心地重視

・値段重視

・耐久性重視

などトレーニングシューズを選ぶ基準は人それぞれ違いますよね。使う用途・年齢によっても変わってきます。

今回は今履いているトレーニングシューズをそろそろ買い替えたい人、これからジムで筋肉トレーニングやランニングを始めるからトレーニングシューズをどれにしようか迷っている人に学生時代長距離マラソンを約10年間足の爪が剝がれるまで走りまくっていた私から自分に合ったトレーニングシューズの選び方をアドバイスしていきます。

少しでもトレーニングシューズを買う際の参考にしてもらえれば幸いです。

スポンサードリンク

筋トレ時に履くトレーニングシューズの失敗しない選び方。A,B,Cのどれか当てはまるものを選択してください。

まず初めに質問です。Q.あなたはジムでどのようなトレーニングを行っていますか?

A.ランニングマシーンがメインでトレーニングマシーン・ダンベルを使ってのトレーニングを軽く行う

B.自重トレーニングがメインで、最初か最後に軽くトレーニングマシーンを使う

C.トレーニングマシーン・ウエイトトレーニング・ダンベル、バーベルトレーニングがメイン

上記の3種類の回答が多いのではないでしょうか?ではAから順番にオススメなトレーニングシューズの選び方をご紹介していきます。

A.ランニングマシーンがメインでトレーニングマシーン・ダンベルを使ってのトレーニングを軽く行う】

ランニングマシーン

Aを選んだ方の特徴としては女性の方・比較的年齢層の高い男性女性が多いのではないでしょうか?基本的にランニングマシーンでのトレーニングが大半で筋肉トレーニング器具は少しだけという方のトレーニングシューズを選ぶポイントとしては以下のことが挙げられます。

Aを選んだ方のトレーニングシューズのポイント

1、ソール(靴底)の厚み・柔軟性

2、アッパー(靴底以外のすべての部分)のフィット感・伸縮性

以上の2つがポイントになってきます。

ソールの厚みはランニングの際の衝撃を分散・吸収する役割があります。ここで覚えてもらいたいことが1つあります。

ソールが薄いシューズとソールが厚いシューズどちらが衝撃を分散・吸収するのが高いかわかりますか?

基本的にソールが薄いものは短距離・中距離走に向いています。向いているといってもあくまで記録会やマラソン大会などの際に使われます。決してトレーニングの際に履くような物ではありません。ソールが薄い分シューズ自体の重量は軽くなり走りやすいのは確かですが、ソールが薄い分地面に着地する際に膝・股関節・足の裏などにもろに衝撃を受けます。     なのでソールはなるべく厚いものを選ぶようにしましょう。

次にアッパーのフィット感・柔軟性ですがもちろん店頭で試しに履いてもらうのが1番です。

しっかり靴ひもは締めて試しに歩いたり、軽く走ったり、つま先立ちをして柔軟性を確かめましょう。

トレーニングシューズを店頭で選ぶ際はしっかり試し履きをしましょう!また履く前にシューズを手でシューズを捻ってみるとソールの固さ・柔軟性がわかりますよ!

【B.自重トレーニングがメインで、最初か最後に軽くトレーニングマシーンを使う】

自重トレーニング

Bを選んだ方は比較的若い方が多いのではないでしょうか。私自身もこのタイプです。初めにストレッチで筋肉を伸ばし、トレーニングマシーンを使って鍛えた後に自重トレーニングで筋肉を追い込んでいきます。このようなタイプのトレーニングを行う方は軽量型のシューズがオススメです。ポイントを上げていきます。

Bを選んだ方のトレーニングシューズのポイント

1、柔軟性が優れている

2、軽量重視

以上の2点がポイントになってきます。

自重トレーニングにおいて重要なのは柔軟性であらゆる姿勢でもシューズが変形してカバーしてくれるものがいいです。ソールの柔らかいものが好ましいです。店頭でシューズを手に取って捻ってみてください。いくつか試してもらうとメーカーによって柔軟性が変わってきますのでお好みの物を選ぶようにしましょう。比較的柔らかいものがいいです。また1足ずつ手に持って比べて見てもらえれば重量を比較しやすいですよ。

特にプッシュアップなどつま先を曲げるトレーニングを行う際はソールの先端が柔らかいものが好ましいですね!

C.トレーニングマシーン・ウエイトトレーニング・ダンベル、バーベルトレーニングがメイン】

バーベルトレーニング

Cを選んだ方は上半身だけでなく下半身もバーベルなどを使ってトレーニングされていることと思います。特徴としては20代から後半の男性に多いのではないでしょうか?趣味のレベルではなくアスリートと呼んでもいいくらいでしょう。そんな方にオススメのトレーニングシューズは耐久性が重要になってきます。

Cを選んだ方のトレーニングシューズのポイント

・耐久性能が高い。特にアッパー部分の側面がしっかりしている

・しっかりフィットする

以上の2点がポイントになってきます。

まずバーベルトレーニング・ダンベルトレーニングは必ず自分の体重にプラスされた重量がシューズに伝わります。その為並みのシューズじゃすぐに小指などに穴が開いてしまうことでしょう。というのも重さを分散するために必ず外に逃げようとするからなんです。その為小指などの外側に力が集中し、結果すぐに破れてしまいます。勿体ないことです。またしっかりフィットするものというのはしっかり足を地面に着けて踏ん張れるかがポイントになってきます。                                         ソールの柔らかいものですと重さに負けてしまうのでなるべく堅めのものが好ましいです。アッパー部分のサイドが頑丈に作られていることが重要になってきます。

またトレーニングシューズは多少のゆとりも大切です。あまりにフィットしすぎてしまってもストレスになりますし、足がすぐに疲労してしまいます。ご自身の足のサイズから0.5くらい大きいものを選ぶようにしましょう。またメーカーによって横幅が異なりますので自分の足幅に合ったメーカーを見つけましょう!

さて次のページでトレーニング別のおすすめなトレーニングシューズを紹介します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です