ぽっこりお腹を改善する体幹トレーニングパート2 ヒップロール編

ぽっこりお腹が気になる方は多いとおもいます。サプリメントやら矯正下着やら色々とでてますよね。購入を考えているあなた。

おそらくこの記事を見ているという方は「物」に頼らず自分自身に望みを持っている方だと思います。今回紹介するのは、ぽっこりお腹を解消する体幹トレーニングパート2のヒップロール編になります。ぜひ、これで悩みを解消していただきたいです。

スポンサードリンク

ぽっこりお腹を改善する体幹トレーニング ヒップロールって?

hippu

骨盤をゆりかごのように前後に振るような動作を行います。

背筋をピンと良い状態のまま骨盤の前傾と後傾を繰り返し行うトレーニングです。

ドローインをしっかり覚えて、腹横筋に力を入れる感覚がわからないとあまり、この動作は、わかりにくいかもしれませんね。

ドローインがわからない方や体幹トレーニングの初めての方は是非下の記事を見てください。

ぽっこりお腹を解消する体幹トレーニングパート1 ドローイン

今回の、ヒップロールは中級編って感じかな?ただ、怪我をするわけではないので少しチャレンジしてみるのもいいですね。

では、いってみましょう!!

ぽっこりお腹を改善する体幹トレーニング 立位ヒップロール 方法

ヒップ ろーる

名前の通り、たった状態にてお尻を丸めるようなイメージになります。

っと紹介をしたものの、私がトレーニングを始めた当初、なんでこれが動くのがわからない・・・

って感じだったのですが、以外とトレーニングを積み重ねていくと動くようになるので、諦めずにチャレンジしてみてくださいね。

では、方法に参ります。
動画がありますのでこちらを参考にしてみてください

1、ドローインをし、しっかりと腹横筋(下っ腹)に力を入れます。

2、腹横筋(下っ腹)に意識して締めていきながら、ゆっくり骨盤を前傾させていきます。

その時に、背骨はしっかりピンと良い姿勢を保ち、猫背にならないようにします。

3、前傾させた後は、骨盤だけを後傾させていきます。

これをゆっくりと10回ほど繰り返します。セット数は2〜3セットがお勧めですね。

じつはこの動きはダンスの基礎でもあり、くびれをつくる非常に効率的エクササイズなんですよ。

この下の動画の方の4分11秒ぐらいからの動きがすごく参考になります。

ぽっこりお腹を改善する体幹トレーニング 仰向け ヒップロール

また寝た状態で行う方が、しっかりと腹横筋の下腹部に力が入り、わかりやすいかもしれませんので参考にしてみてください。

1、仰向けに寝て、膝を曲げた状態を作りドローインの準備状態を作ります。

2、しっかりと、肩の部分を地面につけることと、ドローインをして下腹部に力を入れて腰と地面に隙間がない状態を作ります。

3、ドローインをした状態をキープしながら(ここがポイント!!)足を浮かせて、お腹の力だけで膝が曲がっていく状態を作り出すようにしましょう。

これを5回程繰り返し行いましょう。セット数は2〜3セット行うことをお勧めします。

動画の後半で、トレーナーがお尻の尾てい骨を上に持ち上げましたが、ここまで自分で持っていけると
相当、下腹部に力が入るようになります。

動画の中で、動作をしっかり行うとトレーニング上級者の方でもかなりきつくなります。

本当にしっかりできると、「うっ・・・きつい・・・」ってなるんですよ。

いかがでしょうか?これで、ぽっこりお腹も解消でいると思いますよ!!ただ、ここまでできるようになったら・・・

他のトレーニングもプラスα行った方が絶対に、お腹周りのダイエット効果に聞くと思いますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

では今日はこの辺で。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です