小学生が体幹トレーニング前に覚えたいスポーツの基本姿勢パワーポジションのとり方とは?動画あり

スポーツをおこなうときに、欠かせない姿勢がパワーポジションと言われる姿勢です。

ゼロポジションやスクワットポジションとも言いますね。

このパワーポジションは運動時に最も力を発揮しやすいポジション(姿勢)だと言われていますし、次の動作を素早く、あるいは力強く行うための準備姿勢とスタート姿勢でもあります。

スポンサードリンク

サッカー、野球、バスケットボール、テニスなどあらゆるスポーツの基本動作になることは間違いありません。

今回は、このパワーポジションのポイントなどについて書いていきたいと思います。

小学生が覚えたい正しいパワーポジションの方法

では、正しいパワポジションの方法を紹介していきます。

1、正しい立位姿勢をとります。しっかりと、お腹に力を入れておきます。

立位

2、足は肩幅か肩幅1.5倍ぐらいに広げます。

肩幅スクリーンショット 2015-07-08 23.35.19

3、股関節と膝を曲げます。

スクリーンショット 2015-07-08 23.35.52

正しい立位姿勢をとる時に、ドローインをしてお腹の力をしっかり入れましょう。

ドローインがわからない方は、一度深呼吸の要領で、息を吐き切ります。その吐ききった時に自然にお腹に力が入っていると思いますがその感覚で、お腹に力を入れましょう。

また、背中が丸まらないようにすることと顎が出ないようにしっかり引きましょうね。

チェックポイントががありますので、以下に挙げてみます。

・膝がつま先より前に出ない
・膝がつま先より内側に向かない
・背中が丸まらない
・腰と背中が丸まらない
・足の重心が真ん中にある
・顎を引く

もし、このチェックポイントで何かできていない場合は是非次のページを読み進めていただきたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です