体幹トレーニング後におすすめの腹筋トレーニング 動画

今回は、体幹トレーニングのドローインやプランクなどの後に行うおすすめの腹筋トレーニングを紹介します。
体幹2

腹筋トレーニングは体幹トレーニング後に行った方がいい理由は?

スポンサードリンク

基本的に、筋力トレーニングだけを行うとアウターの筋肉だけを使いがちになります。

トレーニング上級者はまた別の話ですが・・・。

アウターの筋肉とは、表面的に見れる筋肉のことです。胸筋とか腹筋の割れている部分がそうですね。

ただ、体幹トレーニングを行うと表面的な腹筋だけではなく深層部の深い筋肉、インナーの筋肉を鍛えることができるのです。

その後に、筋力トレーニングを行うとでアウターを鍛えると同時にインナーも鍛えることができ、尚且つ腹筋周辺の細かな筋肉をまとめて動員することができるのです。

魅力的ですよね。

インナーを鍛える=腹筋の全体に効きやすい=筋肉の活動量が増える

ということになりますね。筋肉の活動量が増えるということは、痩せやすくなるということですね。

是非、体幹トレーニングと合わせて行ってみてください。

さあでは、メニューの紹介をしていきたいと思います。

体幹トレーニング プラスαトレーニング クランチ&背伸び

腹筋男性

今回のトレーニングは通常のクランチにドローインを意識した動作を加え、背を伸ばすことによって上半身を連動させた体幹トレーニングです。


1、膝を立ててメディシンボールはお腹の上にセットしましょう

2、ドローインをしてクランチをする形で上半身を起こしていきます。

3、止まることなく起き上がってきたらメディシンボールを持ち上げて背伸びをします。

4、持ち上げるとは逆の順番でゆっくりと戻していきます。

5、10回繰り返します。

表層筋である腹直筋と深層筋である腹横筋を同時に刺激することで、より一層の腹部の引き締め、強化を狙います。

腹横筋を使う(収縮させる)ためには呼吸がもっとも大切になりますので、あげるときに息を吐いていきましょう。

また、今回のメニューはメディシンボールを使うことで背筋群も同時に鍛えることができます。

注意点は、伸びていくときに足が上がらないようにすることがポイントです。

疲れてくると足であげようとしてしまい、上がってしまうんですよね。そこを我慢です。

また、ゆっくり上げていくと効果が倍増しますのでレベルを上げたい方は是非チャレンジしていただきたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です