テニスストロークの回旋動作を改善・強化をする体幹トレーニング

今回はテニスのストロークの動作を良くする体幹トレーニングを紹介したいと思います。

フェデラー

スポンサードリンク

多くのプレイヤーが日々のトレーニングでシットアップやクランチを行うように教育されていたりします。
が、シットアップやクランチは、基礎的な筋力トレーニングとしては悪くないが、それだけではバランスや使える筋肉また、ショットを動かす筋肉を強化するというトレーニングとはいえません。

また、実際のプレーのパフォーマンスにショットの精度・正確性・パワーなどをつけたければやはり、ショットの動作に近い状態でのトレーンングが絶対的に必要になります。

ストロークの前後の筋群だけでなく、回旋動作に関わる筋群も強化しなければなりません。

そして、良い動作(いいフォーム)を作るためにも、是非今回のトレーニングを取り入れていただきたいと思います。

テニス ストロークの回旋動作改善・強化をする体幹トレーニングの目的は?

この体幹トレーニングの目的は

・軸足や頭がぶれない回旋動作の正しい動き作り

・回旋動作に関わる筋群の強化

になります。

テニス ストロークの回旋動作改善・強化をする体幹トレーニングメニュー

下に動画を載せてみましたので是非ご覧ください。

1、メディシンボール(1kg)を持ち片足立ち(左)になります。

2、左足の股関節・膝を曲げながら身体を左に回旋していきしっかりメディシンボールを後ろに持っていきます。その時に、腰ぐらいの高さにメディシンボールがあるといいです。

※頭がぶれないようにしっかりとバランスをとり耐えられるようにしましょう。

3、後ろまで持って行ったら今度は、右に回旋していきながら股関節・膝を伸ばしていき、メディシンボールは肩の方に持っていく動作をします。

4、上記の2と3を10回繰り返します。

インターバルは30秒から1分を目安にとって2〜3セット行いましょう。

今回は、メディシンボールを使用してのトレーニングになります。もしない場合はペットボトルやダンベル系で代用してもOK
です。

このエクササイズを行う際には、安定性とバランスを重視するため、スピードは必要ない。適切な姿勢で、体幹の前後左右すべてを強化する。

体幹プラスα 体幹トレーニングがなぜ必要か?テニスストロークと体幹の動き

ここからは、説明が専門的になるかと思いますが是非知っておいてほしいことです。

現代のテニスプレイヤーは、グランドストロークにおいて、特に回旋を必要とするオープンスタンスでショットする事が多いんですよね。

バックスイング(テークバック)に体幹は伸張されことでエネルギーを蓄え、フォワードスイング(スイング)にそのエネルギーを運動連鎖へと放出されていきます。

このときに体幹は、力が下半身から上肢(腕やラケット)へ伝わるような部位であり、重要な役割を持っているんです。

この体幹の使い方が悪くて肩や膝を痛める原因になることもあります!!

そのために、体幹トレーニングをでその強化をすることによってけがを予防できるだけでなく、パフォーマンスの向上にも役立つので是非他の体幹トレーニングも合わせて行っていただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です