トレーニング前のウイダーなどのゼリー補給は30分前だと危険とは?早すぎる理由や最適な時間は?

なんとトレーニング雑誌ターザンにて面白い記事が載っていたので記録として残しておこうと思いました。

トレーニング前の栄養補給としてよく手軽にウイダーなんかのゼリーを補給って方は多いかなと思います。

自分は今でもそうしています!!

手軽でいいんですよね。

スポンサードリンク

しかも、トレーニングを始める前にゼリーのような吸収が早い糖を摂っておくことはすごく重要なんです!!

ただトレーニング前の30分前の補給では早すぎるというのです!!

時間なんて一切気にしていませんでしたが、なんとなく30分前に摂っていた気がしました。

しかも、30分前にゼリーを摂取する方が何にも摂取しないより危険なんだそうです。

なぜ早すぎるのか?なぜ危険なのか?いつが最適なタイミングの補給なのかについて書き残しておきますね。

ゼリー補給の30分はなぜ早すぎるのか?そして危険なのか?

ゼリーの補給がトレーニング30分前だと早すぎる理由としては、インスリンが関係しているそうです。

食べ物を口に入れると血中の糖が高くなるとインスリンが働き、血糖値を下げる役割を持っているというのは知っている方も多いと思います。

ただ、血糖を下げるのはインスリンだけではなく、実は、運動やトレーニングでも血糖を下げるそうなんです。

糖尿病の方に食後の散歩を進めている機関が多いのはこのためなんですよね!!

この情報はなんとなく聞いたことがありました。ダイエットしている人や太らないようにするのも食べた後直後に歩いた方がいいっていうのは
このためなんですよね。

それで、インスリンが出てインスリンの分泌のピークを迎えるのは30分から40分だとか。

これは、どういったことかというと血中の血糖値を上がり過ぎないように抑えるのですが、

この状態(血糖値が下がった状態)で、運動を重ねてしまうと、筋肉とインスリンが同時に働いてゼリーを補給しないで運動する時より下がってしまうそうです!!

これって低血糖で倒れるかもしれないってことですよね?

本当に注意した方がいいですね。

では、いつのタイミングで摂取するのがいいのでしょうか?

それについては、次のページに書いていきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です