プロ野球ソフトバンクホークスの投手陣が行っていたトレーニング2016秋季キャンプ編

2016ソフトバンク秋季キャンプ投手陣のトレーニングの方法

それでは、2016年のソフトバンク秋季キャンプで行っていた投手陣のトレーニングの方法を紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク

股割りトレーニング

1 足をしっかり広げた状態を作ります。足を広げた時につま先が外を向くようにしましょう。
2 胸を張るようにして姿勢を正した状態でお尻を上下に上げ下げします。

100回 2セット

工藤監督は股関節を使って体を落としていくようにと言っていましたが、内転筋とハムストリングなど下半身全体が悲鳴をあげるぐらいきつそうですね。

終わった後はこんなかんじでした汗

押し相撲トレーニング

1 ペアになり右肩をお互いにくっつけるような状態でセットします。

2 体幹をしっかり固めながら後ろの足(臀筋や太もも)でしっかり蹴ってパートナーを後ろに一歩押し出します。

押し出す瞬間にいかにパワーを凝縮させていくかがポイントのようです。
また、下から上に押し上げるような感覚でもトレーニングしているみたいですね。
実際押される方もトレーニングになるみたいですね。加減も難しそうです。

スローイング動作トレーニング

このトレーニングは、上半身の押し込みの動作を習得するためのトレーニングのようですね。サポートする側は肩を抑えるのと前の足を開かないように手で押さえながら行っています。

1 投球動作で足を広げて腕をあげる
2 身体を回旋させながら体重移動をする
3 最後は肩の部分を押し込むイメージのようにキープする

注意点としては、押し込んでいく時に上半身がぶれないようにしっかり体幹を固めた状態にすることですね。

また、下半身(臀筋・ハムストリング)から押し込んでいくような

背負い投げチューブトレーニング

顔の高さでゴムを引っ張れるように長いゴムチューブを柱にくくりつけて行う

後ろの足から前の足に体重を移動させることを覚えていくトレーニングですね。

1 ゴムチューブを持ち足を広げた状態からか身体を回転させます。
最初は体重を後ろの足に乗って 前側に重心移動させていきます

2 身体が正面を向いた状態で一度キープ

また、正面を向いた時に左にぶれてしまうようなことがないようにしっかりハムストリングを使って動作をキープするようにしましょう。

工藤監督はしきりに
・身体が倒れ込まないように ハムストリングを意識
・後ろから前への体重移動
・前に踏み込め

を選手に伝えていました。

ライスバケット

このトレーニングは前腕を鍛えるトレーニングですね。お米を使う理由としてはおそらくですがボールとすべり具合が似ているのかもしれません。すごく研究されているトレーニングかもしれませんね。

今回は以上になります。

参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です