体幹トレーニングで鍛えられる筋肉はなにか?インナーマッスルとアウターマッスルとは?

今回は、体幹トレーニングで鍛えられる筋肉についての記事になります。

この記事の内容は、
・筋肉のアウターマッスルとインナーマッスルの違いと役割
・体幹トレーニングで鍛えることができる筋肉
です。

スポンサードリンク

体幹トレーニングの体幹とは?

taikann

「体幹」とは、肩から腰周りまでの胴体部分のことで、文字通り、体の幹となる部分を指します。また体幹には肩から腹部、腰から太ももに繋がる筋肉が通っており、背中側の筋肉も体幹に含まれています。また、筋肉だけでなく、背骨や肋骨、肩甲骨などの骨も体幹の一部です。
体幹とは?の記事はこちら

体幹トレーニングでは特にインナーマッスルが鍛えられるとも言われていますよ。

インナーマッスル・アウターマッスルとは?

筋肉

筋肉は、2つに分けることができます。

アウターマッスル:体の表面に見える「表層筋」
インナーマッスル:アウターマッスルに対しての深層筋のこと。英語でいうと「deep muscle(ディープマッスル)」

アウターマッスルとは、カラダの表面から触れられるところにある筋肉で、大胸筋や三角筋、大腿四頭筋などが代表的です。むきむきの腹筋などもアウターマッスルになります。

インナーマッスルは、深層筋になるので見えません。おもに姿勢を細かく調節したり、関節の位置を正常に保ったりする働きがあります。つまり、同じ筋肉でも両者は同じ存在ではないのです。

アウターマッスルとインナーマッスルの機能的な違い

アウターマッスルとインナーマッスルの特に大きな違いは機能的な部分であります。

インナーマッスルは、上記で少し触れましたが、おもに姿勢を細かく調節したり、関節の位置を正常に保ったりする働きがあり、アウターマッスルの補助的な役割があるのです。

アウターマッスルは、大きな力を生み出し、関節を動かし、体を外部の衝撃からも守るという役割があるんです。

これらが、機能的な違いですね。

体幹とインナーマッスルは違う

また、体幹=インナーマッスルと思っている方が多いので間違えないようにしましょう。

体幹は場所の概念で、筋肉のアウターマッスルとインナーマッスルは深さの概念です。

体幹とアウターマッスルとインナーマッスルは混同しないように注意しましょう!!

また、インナーマッスルは、鍛えにくいと言われていますが、体幹を鍛えることによってインナーマッスルも鍛えられますし含まれますし、インナーマッスルを鍛えるという意味には体幹部も含まれると考えてよいでしょう。

体幹トレーニングで鍛えることができる部位

core-training

インナーマッスル:腹横筋・腸腰筋・内転筋・脊柱起立筋
アウターマッスル:腹直筋・腹斜筋・大腿四頭筋・広背筋・中臀筋・大臀筋・大腿二頭筋

体幹トレーニングを行うときにはインナーマッスル(特に腹横筋)を意識してトレーニングを行うとより効果が上がっていきますよ!!ぜひ、意識してトレーニングをしてみましょう!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 竹平千恵 より:

    こんにちは。楽器(箏)を扱う時に腰痛になるので、原因をさぐっていました。とても参考になりました。有難うございます。シェアさせて下さい。

    • akira より:

      ありがとうございます。トレーニングの方法など疑問があれば、また、コメントしていただければお答えしますよ。お待ちしてます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です