トップアスリートが導入している最新理論VBTとは一体何?効果や方法を解説 動画あり

VBTの詳しい方法ややり方は

正直、すごく細くなってしまうので簡単に説明したいと思います。

例えば、スクワットの1RMの数値を上げるためにVBTのトレーニングを採用して

おこないたい場合、適している拳上スピードは、0.5m/s未満です。

スポンサードリンク

これは、1RMの80%の重量を上げる速度に相当しています。

全力で拳上して、これ以上スピードが出てしまうのであれば、

それはウェイトの重さが足りないということになり、プラスするべきっていうことですね。

筋肥大が目的なら、スピードは0.5〜0.8m/s全力で拳上してこれよりも速ければ負荷不足、遅けれ負荷が大きすぎるってことになります。

トレーニング中にこのスピードの間を維持できなくなった場合はウェイトの重量を下げて、スピードを維持しながら継続。

またはトレーニングを終了します。

最大の拳上スピードでスピードが20%落ちたらところでセットを週雨量するという方法も効果があるという研究結果が出ているようです。

VBTのメニューの参考動画

最大筋力をターゲットにした重量は人それぞれですが、スピード感覚は参考になるかと思いますので、このスピードで送れるようになったらやめましょう。

また、ターザンのサイト今日トレでも紹介されているので下の動画を参考にしながら行ってみましょう。

まとめ

今回は、VBTの方法を紹介しましたがかなり専門的になってきますが、

経験者の談話だと、今までのウェイトトレーニングとは違った刺激が入るそうです。

なかなか、難し顔しれませんが最新の理論として取り入れていってもいいかもしれません。

詳しいトレーニング方法がわかりましたら追記していきたいと思います!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です