メディシンボールのトレーニング法《体幹・上半身・下半身》

どうも、アキラです。

今回は、トレーニングシーンではよく見るメディシンボールを

使ったトレーニング方法を紹介していきます。

メディシンボールとは?

メディシンボールは、リハビリや筋肉トレーニング、

体幹トレーニングなど様々なトレーニングに使用されるボールです。

よく使われるサイズは、バスケットボールほどの大きさですね。

スポンサードリンク

サイズは、12cmから35cmまでの商品が

販売されています。重さは、1kgから10kgぐらいまであり、

トレーニングで使う重量は、1kgから5kgの物が主流です。

筋力や負荷をかけたい部位に合わせて、重さとサイズを選びます。

メディシンボールの効果

メディシンボールを使ってのトレーニング効果としては、

筋力アップ、体幹力アップなどさまざまな効果が期待されます。

・体幹を鍛える

・筋力アップ

・バランス能力向上

・連結能力アップ

・コーディネーション能力アップ

など、一つの部分を鍛えるトレーニング効果ではなく

全身の身体能力を向上させる効果を発揮します。

特に注目すべきは体の連結能力のアップ。

これがアップすると瞬発力系がアップします。

瞬発力というと、瞬間的に最大の力を発揮する

身体能力であり、

例えばジャンプ、ダッシュ、押す、蹴る、投げる、

打つなどの動作を起こす時に大きなパワーを

生み出すためには、その瞬発力が大切なんです。

更にトレーニングの仕方によっては、

目と手のコーディネーション能力が向上します。

例えば、メディシンボールでスロー&キャッチを

ペアで行なった場合、相手に投げることことによって飛ばし方や

飛ばす場所を調整します。

これがコーディネーション能力の向上につながります。

また、キャッチするときもそのボールが

どこに飛んでくるのかを把握し、

その場所へ行くことも発生します。

このように、メディヂンボールを使うことに

よって筋力系のトレーニングだけではなく、

筋力以外の運動能力を伸ばすことにつながるので

是非取り入れていただきたいです。

これだけ利用の幅が広いので絶対に

トレーニングの方法に入れるべきです。

さて次のページからはメディシンボールを使った

トレーニングメニューや方法を紹介します!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です