野球ソフトバンク柳田悠岐のすごさの秘密のトレーニング方法とは?

こんにちは。アキラです。

柳田悠岐選手が日本シリーズに引き続きの

日米野球でのサヨナラホームラン。

昨日のサヨナラホームランは打った瞬間に

本人も周りも確信した感じでしたね。

決まった!!!って笑

スポンサードリンク

打った瞬間に歩いてたもん。それぐらい完璧でした。

僕は仕事でリアルタイムでは見れなかったおですが

動画で見て鳥肌が立ちました(^^;;

リアルタイムでみたかったーーー笑

それ以上に生で見たかったーーー笑笑

さて、そんな大活躍をしました柳田選手の身体は

めちゃくちゃごついですよね。

高校時代はすごく細かったとか話も聞きます。

今回は、柳田悠岐選手のトレーニングのメニューなど

書いていきたいと思います!

柳田選手のトレーニングメニュー2017

柳田選手は2016年に肘を痛めてから

上半身周りの筋肉も弱いと思ったそうで

ケガ防止が一番の理由で行い始めたそうです。

上半身を鍛え始めたのは打球を飛ばしたい

とかじゃないとも語っていました。

ちなみにベンチプレスは最初は20キロで

始め、2017年で60キロ。

2018年だともう少し上がるようになっていそうですね笑

2018年のトレーニング情報は残念ながら見つかりませんでした( ;  ; )

一方の下半身はもっぱらランニングや

ダッシュ系のメニューで強化したとのこと。

ちなみにソフトバンクの選手のトレーニングの様子はこちら

キャンプでのトレーニングですが

野手、投手も別メニューとしてトレーニングが

組み込まれているみたいですね。

柳田悠岐選手の身体を大きくしたトレーニングとは?

柳田選手の現在のあの大きな身体は94kgです!

そんな大きなパワー溢れる素晴らしいになっていったのは

大学への進路が決まってからです。

柳田選手の高校時代の体重は68kgだったそうで、

高校時代のトレーニングや練習メニューの中には

ウエイトトレーニングはなく昔ながらの腹筋や背筋の自重での

トレーニングが中心で器具にも触れたこともなかったそうです。

ただ、走り込みの量は半端なかったそうです!!

柳田選手の身体が大きくなったのは大学進路が決まってからですね。

当時広島から阪神へ移籍した金本選手がウエイトトレーニングで身体を作って成績を出していったことを知り、

高校野球を引退した後の10月ごろから、金本選手が通っていたというジムと同じところに行き始めたそうです!!

トレーニングメニューは、

・スクワット(下半身)

・ベンチプレス(上半身)

・デットリフト(背中)

・腹筋と背筋

が主なメニューで、特にスクワットと背中の筋肉を重要視していたようですね。

半年間メニューは2日おきや3日おきの筋肉を大きくするサイクルをしながらだと思いますが、ほぼ毎日いったそうです。

その結果、多重の増加が82kgと14kgも増え、大学での活躍に繋がったと言われています!!

ちなみに2017年の柳田選手のスクワットをするトレーニングの様子

スクワットのフォームはめちゃくちゃきれいです。

まとめ

柳田選手のトレーニングのまとめをしてみると柳田選手がトレーニングをする通ってきた道はかなり理想系なんじゃないかなっておもます

走り込みでの基礎作り(高校)

ウエイトトレーニングの基礎作り(高校卒業後)

ウエイトトレーニングで筋肉&パワー増加(下半身・背中系)

ウエイトトレーニングでの上半身

高校時代全くの無名だった選手が、

日本を代表するスラッガーになり、

そして、MLBからも本当に一目置かれる存在になっています。

トレーニングだけではなく、他にもこの活躍を支えている

人に見られていないところでの努力もあるかと思いますが、

他の情報が入手することができましたら記事にしていきたいと思います!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です