体幹トレーニングを行なうにあたっての注意点・頻度・効果は?

体幹トレーニングの頻度はどうすればいいのか?

ワンレッグデットリフト モデル

体幹の筋群は、遅筋線維なので毎日トレーニングすることができます。なので体幹トレーニングは毎日行った方が効果が出ます。

スポンサードリンク

インナーマッスルは、一般的に体を支え、姿勢の安定に関わり、遅筋線維が多いので
毎日できるということです。

ただし、筋肉痛や疲労度合いによってメニューの変更などをしオーバーワークにならないようにしなくてはなりません。

特に体幹トレーニングを始めたての人は最初は筋肉痛になると思うので、その場合筋肉を一度回復させましょう。

ちなみに、筋肉痛になったとしたらトレーニングをしたときから超回復をさせるために2日〜3日空きで行いましょう。

体幹トレーニングのレベルの上げ方

success

メニューを組み立てる方は是非以下のトレーニングのレベルの上げ方を参考にしてみてください。

●単純なものから複雑なものへ
単純で簡単な動作から始め、各トレーニング種目の基本動作が身に付いてから、より複雑な動作へと進んでいきましょう。

●知っているものから未知のものへ
動きをコントロールしながら行うような、神経-筋系への負荷が小さいトレーニング種目から始め、より多くのバランス能力が必要なトレーニングへと進んでいきます。

●低強度から高強度へ
大きな力を必要とせずにコントロールしながら行う動作から始め、十分にテクニックが身に付いたらより強い負荷で行うようにします。

●静的なのもから動的なものへ
静的な姿勢のトレーニング種目から始め、動作が身に付いたらより動的なトレーニング種目を加えていきます。体幹の基礎編と言われているものは大体静的なものが基本です。

●仰向き→うつ伏せ→膝をついた姿勢→両脚立ち→片脚立ちへ

姿勢を変化させていくことで、徐々にバランス能力への負荷を強めていきます。

今回は、以上になります。

何か質問がありましたら、メールでの問い合わせをお願いします。

最後までありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です