小学生が良い姿勢になるための体幹トレーニングの効果と方法

学校では机に向かい、家に帰ってもスマートフォンやらパソコン、ゲーム、テレビの前から動かない。
そんな生活を送る方々は体が固い人が増えていますね。そして、姿勢が悪い方が多くなってきました。
体が固いと足や腕の可動域が狭くなり、いくら筋肉を鍛えても動きに生かせません。

姿勢1

しかも、身体がうまく動かないということは無理な動作をしてしまうことにつながりケガにもつながっていきます。

スポンサードリンク

子供には関係あまりない?とおもいますが、姿勢が悪いと実はかなり代謝が落ちるんですよね。代謝が落ちるということは痩せにくい体になってしまうということですね。

スポーツをする人にしてもしない人にしても、将来はいい姿勢で大人になっていて欲しいですよね。

今回はいい姿勢に習慣にするためのまた悪い姿勢を改善するための体幹トレーニングを紹介していきます。運動不足の親御さんにも是非一緒にチャレンジするといいですよ!

姿勢を改善するのに体幹トレーニングの効果とは

姿勢改善2

そもそも、なぜ体幹トレーニングなのでしょうか?というところですが、まずは、姿勢が悪くなる原因をお話しします。
姿勢が悪くなる原因は色々とあります。

・背骨が動かないことでの猫背
・お腹に力が入らないこと
・背中の筋肉と肩甲骨周りが硬い
・お尻、ハムストリングなどの後ろ側の力で立つことができない
・身体のアンバランス

と考えられます。他にも色々とありますが・・・

実はこれらは、体幹が原因なんですよね。

体幹とは、肩から腰周りまでの胴体部分のことで、文字通り、体の幹となる部分を指します。

体幹には肩から腹部、腰から太ももに繋がる筋肉が通っており、背中側の筋肉も体幹に含まれています。

また、筋肉だけでなく、背骨や肋骨、肩甲骨などの骨も体幹の一部です。これらの体幹をしっかり保つこと、また筋肉の柔軟性を出しながら正しく動かすことを目的としたトレーニングが、じつは体幹トレーニングになります。

意外と、体幹トレーニング=鍛える っと思っている人も多いのですが実は違う側面ももっているんですよ!!

また、悪い姿勢の原因は体幹トレーニングによって改善できるものなのです。

さて、次のページでは姿勢を改善するための体幹トレーニングの方法を紹介していきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です